2019.11.
S
M
T
W
T
F
S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

本館 http://www4.kiwi-us.com/~yuuna/ コメント、トラックバック等、お待ちしております♪

"ゴーストトリック" 試遊



"ゴーストトリック"は、
"日本ゲーム大賞2009"で"フューチャー部門"を受賞したそうです!おめでとうございます!!

座ってヘッドフォンをしての試遊。

試遊を始めると、物語は主人公の「…しばらく気を失っていた…」という独白から始まります。
「気が付いたら、女が立っていた。知らない女だ…多分」というセリフと共に、
スポットライトが左側にいる女(リンネ)を照らし出し、
次に、「その横に、男がヒトリ。やはり、知らない男だ…多分」というセリフと共に、
スポットライトが右側にいる男(ジーゴ)を照らし出します。
ジーゴは銃をリンネに向け、それを見たリンネは「!」となり、両手を挙げます。
その後、「…そして、私はといえば…」というセリフの後に、
スポットライトが中央へ移り、横たわる主人公(シセル)の姿を照らし出します。
「既に、死んでいた」
そう、この物語の主人公シセルは最初から死んでいるのです。
しかも、記憶を失っているので自分が誰で何故死んでいるのかもわからない。
女の子がピンチになっているのを黙って見過ごす訳には行かないが、
死んでいるのでただ黙って見守る事しかできないと言うシセル。
そんなシセルの元に、謎の声が響きます。
シセルに敬語で話し掛けて来る謎の声。
しかし、シセルに死者の力で物に"トリツク"事ができるという事、
そしてそれを"アヤツル"事ができるという事を教えてくれます。
文字のスキップはタッチペンかAボタン。
物に"トリツク"時は主人公の魂をタッチペンで取り憑きたい物にスライドさせてから、
左下の"トリツク"ボタンをタッチ。
物を"アヤツル"時はその状態で右下の"アヤツル"ボタンをタッチ。
早速、物に取り憑いて操り、ジーゴの注意を引いてリンネを逃がすシセル。
しかし、リンネは逃げ切れず、
またしても後ろを向いたまま銃を向けられ、両手を挙げるハメになってしまいます。
「…なんて逃げ足の遅い女だ」
呆れるシセルですが、それでも「アナタ様にあのお方を助けて頂きたいのです」と頼んで来る謎の声。
仕方なくギターに取り憑いて音を鳴らし、ジーゴを驚かせるシセルですが、
それでもリンネは逃げ切れず。
"トリツク"事ができる物は範囲が決まっていて、
ある程度の距離以上の物には"トリツク"事ができません。
また、取り憑いた物を"アヤツル"事で何ができるかは、上画面の左下に表示されます。
自分の事を「ジーゴだ」と名乗る男に、リンネは遂に撃たれてしまい、
そのまま下の段へと落ちてしまいます。
そして、公衆電話が鳴ると、
ジーゴはシセルの死体も下へ蹴り落とし、電話を取って何処かへ行ってしまいます。
すると、すぐ隣の机の上にある電気スタンドが話し掛けて来て、
今までの謎の声の主はこの電気スタンドだったという事がわかります。
何故電気スタンドなのかという事は置いておき、リンネの死体に「取り憑いて下さい」と言う電気スタンド。
シセルの死体に取り憑いても何もできませんが、
リンネの死体に取り憑けば死の四分前に戻る事ができると言うのです。
早速リンネの死体に取り憑き、死の四分前に戻るシセル。
"トリツク"で物に取り憑いている間は時間が止まりますが、
"アヤツル"で物を操っている間は時間が進んでしまうので、
上手く魂を移動させ、状況を打破しなければなりません。
時間が進んでいる間はキャラが喋ったり動いたりして、
色の付いた吹き出しをタッチするとそのキャラのセリフやヒントを聞く事ができます。
「あの上の鉄球が落ちてでも来ない限りはどうにもできない」と言うジーゴ。
自転車を操りこいではしごに取り憑き、はしごを操り開いて街灯に取り憑き、
更にクレーンから下がっている鉄球に取り憑きます。
すると、鉄球が落ちてジーゴを押し潰し、ジーゴをくっ付けた鉄球はそのまま転がって行きます。
そして、自分の事をシセルに「思い知らせてあげる。製品版でね!」と言うリンネ。
その後、プロモーションムービーで、
リンネとジーゴの周りの物が動いて二人が驚いて周りを見回すシーン、
クレーンの上で赤いバンダナを着けた黒猫が月を見上げるシーン、
別の場面で少女(カノン)が本を読みながらドーナツを取ろうとしますが、
ドーナツは飛んで行き、犬(ミサイル)がドーナツに向かってジャンプするシーン、
更に別の場面で中年の男が足を組むシーン等が流れて試遊は終了。

リンネのキャラが"逆転裁判"シリーズのマヨイちゃんっぽくって親しみ易かったのと、
ぬるぬる動くキャラのアニメーションがリアルで良かったです♪♪(*´Д`*)
二点リーダじゃないのが残念でしたが、
"逆転裁判"シリーズを手掛けた巧 舟氏がディレクターなだけあって、
所々のユーモアのセンスにも"逆転裁判"シリーズに通ずる物を感じました。

試遊ブースは、クレーンから下がっている鉄球等、試遊した場面を再現した作り。
写真は、試遊した人全員にプレゼントされた"特製ストラップ"。
鉄球に押し潰されたジーゴがくっ付いています。

◆コメント

◆コメントの投稿

◆この記事のトラックバックURL

http://yuunakisaragi2.blog120.fc2.com/tb.php/221-3254c736

◆この記事へのトラックバック

| Top |



    <SQUARE ENIX MEMBERS>

    ■ニックネーム
    Yuuna-Kisaragi

    <KINGDOM HEARTS MOBILE>

    ■プライベートID
    4WyYW7

    お友達激しく募集ちぅ~♪申請してね!




    サイトやブログを気に入って頂けましたら、 
    上のWeb Clapボタンを押して、
    Web拍手を送ってやって下さい♪
    一度押すと、
    メッセージを送って頂く事もできます。
    メッセージには、
    こちらのブログでお返事をしていますので、
    是非是非こちらも送ってやって下さい☆
    お待ちしております♪



    メロダチ募集ちぅ~♪