2019.09.
S
M
T
W
T
F
S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

本館 http://www4.kiwi-us.com/~yuuna/ コメント、トラックバック等、お待ちしております♪

"KINGDOM HEARTS Birth by Sleep" シングルモード 試遊

"KINGDOM HEARTS Birth by Sleep"は、
"日本ゲーム大賞2009"で"フューチャー部門"を受賞したそうです!おめでとうございます!!

台の上に操作説明の書かれた下敷きがあり、その上に試遊台が置かれ、
立ってヘッドフォンをしての試遊。
表にシングルモード、裏にアリーナモードの操作説明の書かれた下敷きは、並んでいる間にも配られ、
シングルプレイ希望かマルチプレイ希望かを聞かれて、それぞれの列に分けられた。

メニュー画面は、左側にBbSのロゴ、
右側に高台に足を組んで座るテラ、その手前にヴェンとアクアが佇んでいるCGがあり、
下にメニューがある。
BGMは、KH2のタイトル画面の曲と同じか、KH2のタイトル画面の曲のアレンジ(!?)
メニューにはシングルモードとアリーナモードがあり、
シングルモードを選ぶとテラ編とヴェントゥス編とアクア編がある。
テラ編は"エンチャンテッド・ドミニオン"、ヴェントゥス編は"キャッスル・オブ・ドリーム"、
アクア編は"ドワーフ・ウッドランド"がプレイできる(それぞれ選択すると説明表示あり)

アクア編は、"白雪姫"を舞台にしたワールドで、
森を歩くアクアが家の前で何かを取り囲む様に泣いている七人の小人を発見する。
アクア「何かあったのですか?」
小人「白雪姫が…」
小人達の中心を見て、ガラスのケースの中に横たわって眠る白雪姫に気付き、はっとするアクア。
小人「とても優しい人だった」
小人「歌って踊った」
小人「もう笑えないよ」
小人「お話を聞かせてくれた」
小人「恋の話だ。王子様との出会い」
小人「仕事に行く前にキスをしてくれた」
小人「白雪姫の純粋さが、俺達を変えてくれたんだ…」
アクア「白雪姫は、慕われていたのですね。何故こんな事になってしまったのですか?」
小人「白雪姫の美しさを妬む女王の仕業なんだ」
小人「老婆に化けて白雪姫に毒リンゴを食べさせた」
小人「俺達が戻って来た時には手遅れだった」
小人「女王は追い掛けてやっつけたが…姫はもう目を覚まさない」
アクア「何か方法はないのですか?」
小人「女王の城へ行けば何かわかるかもしれないが…」
小人「お前らはここで脅えていればいいんだ!俺は女王の城なんか怖くないぞ!」
小人「やめておけ。あそこは魔物がウヨウヨしているらしい」
アクア「では、私が行きましょう」
小人「本当に?」
アクア「大丈夫です。私に任せて下さい」
小人「そうか。すまないね。頼んだよ」
お前らどんだけ他力本願なのかと^^^^^
その後、場面が切り替わり、女王の城へと足を踏み入れるアクア。
ここで、"DWARF WOODLANDS"のロゴが表示される。
ここから先は、ボスのいるエリアに入るまで、所々にアンバースが出現し、攻撃して来る。
が、無視して先へ進む事も可能。
通常戦のバトル曲は新曲(!?)
映画"白雪姫"の冒頭に出て来る井戸が再現された入り口のエリアを進むと、地下道のエリアに入る。
エリア移動時の黒枠はリンゴがモチーフ。
地下道の所々には、薬の入ったフラスコの様な瓶が置かれており、定期的に薬の色が変わる。
薬の色が赤の時に瓶を割ると、一定時間後(!?)に爆発し、巻き込まれるとアクアもダメージを受ける。
薬の色が青の時に瓶を割ると、フォーカスプライズが出て来る。
薬の色が緑の時に瓶を割ると、HPプライズが出て来る(!?)
また、所々に設置されている茶色いハンドルを攻撃すると、道を塞いでいる格子が開く。
なお、これらは利用しなくてもボスのいる所まで辿り着く事ができる。
地下道のエリアを進むと、イベントとなり、ボスとのバトルになる。
アクア「何。この気配…」
アクアが振り向くと、後ろにあった鏡に雷光が走り、白い仮面が浮かび上がる。
それを見たアクアは、後ろに回転ジャンプするが、鏡から光が溢れ、アクアを飲み込んでしまう。
アクア、眩しそうに手をかざしながら、「なに…!」
なお、これらのムービーは全て日本語字幕、ボイス付きのイベント。
おこりんぼの声がどう聞いても波平さんフィルだったのが笑えた(笑)
鏡の中の空間で、ボスの白い仮面、マジック・ミラーを倒すと試遊終了。
ボス戦のバトル曲はKH2の大渓谷の大群戦と同じ(!?)
ボス戦では、最初に左上の"INFORMATION"に、
"マジック・ミラーをやっつけろ!本物と偽者は表情で見分けよう"と表示される。
ボスのHPは右上に緑色のゲージで表示され、
表示し切れない分はその右下の小さな枠に表示されている。
マジック・ミラーはそれが3本分程あった。
ボスの攻撃パターンは、突然現れて口から白い息を吐く(当たるとアクアの上に"?"マークが表示され、
方向キーの入力の効果が逆になってしまう状態異常付き)、突然現れて顔ごと体当たりして来る、
分身を出して円周上にアクアを取り囲み口から灰色の息を吐く(当たるとダメージ)、
分身を出して縦二列にアクアを挟み口から灰色の息を吐く(当たるとダメージ)の4つ。
分身を出している間は、どこかに一つだけニヤニヤしている仮面があるので、
それを攻撃する事で他の分身を消す事ができる。
また、体当たりをガードで弾き返したり、一定時間攻撃を続けると、怯んで床に落ちる事があるので、
攻撃のチャンスを作る事ができる。
魔法攻撃や特殊攻撃、"シュートロック"は当てにくいので、
地味に"たたかう"で削って行くのが得策…!?

テラ編、ヴェントゥス編は今回試遊しなかったが、
ヴェントゥス編の冒頭のイベントが日本語字幕、ボイス付きになる等、いくつか修正点があった模様。

フィールド上のマップは、KH2と同じ様に右上に表示され、
出入り口は赤い線、自分の位置はキーブレードで表示される。
HPとFOCUS、D-LINKゲージは、キャラの顔グラと共にKH2と同じ形で右下に表示。
コマンドは、左下に表示され、一番下が"たたかう"で、表示されている通り○ボタンで発動できる。
その上の三つのコマンドは、
KHシリーズでお馴染みのアイコンと共にキャラ独自のアビリティ、まほうが表示され、
ゲージがいっぱいになると表示されている通り△ボタンで発動できる。
また、十字キーの下ボタンを押す事で別のアビリティやまほうに切り替える事もできる。
更にその上のゲージは、敵に攻撃を当てる度に貯まって行き、
一定の量がたまると一番上の"COMMAND"部分が様々な属性の名称とロゴに変化し、
キャラの回りが光って、一番下のコマンドがその属性特有の技に変化する。
変化した後は、
"COMMAND"の下のゲージがなくなるまでその状態でいる事ができ、なくなると元の状態に戻る。
アクアのコマンドの一覧は、"アイスバラージュ"、"ウィッシュブレード"等々。
ロックオンはRボタンとLボタンの同時押し。
Rボタンでロックオンしている敵を切り替える事ができる。
また、RボタンとLボタンを同時に押し続ける事で"シュートロック"システムが発動し、
画面に円状で緑色の照準と秒数が表示され、
秒数が0になり表示が赤くなるか、全てロックオンすると"MAX"と表示され、
○ボタンを押すと、その間にロックオンした敵全てに攻撃できる。
ただし、発動には敵を倒した時等に拾える菱形の白いプライズ、フォーカスプライズが必要で、
右下にあるFOCUSゲージをある程度溜めないと発動できない。
"シュートロック"発動時のアクアの技は、"レインボーシャワー"で、発動後○ボタンで追加入力できる。
敵のアンヴァースはネオシャドウに似た物からレッドノクターン、ラージボディに似た物まで様々。
ロード中は、黒い背景の右下にKH無印のロゴと同じ色のハートのモチーフが回転している。
HPが全てなくなると、KH2のロクサスと同じ様な形で、
"コンティニュー"するか、"タイトル画面に戻る"かの選択肢が表示される。
試遊が終了すると、
"THANK YOU FOR PLAYING"、"TO BE CONTINUED"という文字と共に、
右側にKH2のシークレットムービーの鎧三人組のCGが表示され、○ボタンでタイトルに戻る。

"KINGDOM HEARTS Birth by Sleep" アリーナモード 試遊

"KINGDOM HEARTS Birth by Sleep"は、
"日本ゲーム大賞2009"で"フューチャー部門"を受賞したそうです!おめでとうございます!!

台の上に操作説明の書かれた下敷きがあり、その上に試遊台が置かれ、
立ってヘッドフォンをしての試遊。
表にシングルモード、裏にアリーナモードの操作説明の書かれた下敷きは、並んでいる間にも配られ、
シングルプレイ希望かマルチプレイ希望かを聞かれて、それぞれの列に分けられた。
マルチプレイは、スタッフの説明や指示を受けながらそれぞれが行動するといった形で行われた。
また、人数が3人に満たない場合はスタッフが代わりにプレイしていた。

メニュー画面は、左側にBbSのロゴ、
右側に高台に足を組んで座るテラ、その手前にヴェンとアクアが佇んでいるCGがあり、
下にメニューがある。
BGMは、KH2のタイトル画面の曲と同じか、KH2のタイトル画面の曲のアレンジ(!?)
メニューにはシングルモードとアリーナモードがあり、
アリーナモードを選ぶとテラ、ヴェントゥス、アクアがある。
テラはパワータイプ、ヴェンはスピードタイプ、アクアはマジックタイプで、
好きなキャラクターを選んでプレイする事ができる(それぞれ選択すると説明表示あり)

キャラクターを選択すると、自分のキャラクターが鎧姿でアリーナに現れ、
頭上に"Player -"(-の部分は1?3の数字)と表示される。
このプレイヤー名は、製品版では各個人の設定したものに変えられると思われる。
前へ進むと一番下のコマンドが"○ ワープ"に変わる丸いエリアがあるので、
○ボタンを押してワープする。
すると、PSPの"接続しています。しばらくお待ち下さい"(!?)という表示の後に、
手前に丸い窪み、奥にコンピューターの様な機械がある場所に出るので、
"Player 1"が奥の機械を"○ しらべる"で調べ、"新規イベント作成"を選ぶ。
"Player 2"と"Player 3"は、奥の機械を"○ しらべる"で調べ、
"イベント参加"(!?)の下の"イベント数 0"(!?)表示が"イベント数 1"になったら、
"イベント参加"を選ぶ。
その後、手前の丸い窪みの上にそれぞれが乗り、
○ボタンを押すと、参加準備のできたプレイヤー名が右上に表示される。
全員が準備できたら、"Player 1"がSTARTボタンを押す事で、ゲームを開始する。
全員が準備できていない状態で"Player 1"がSTARTボタンを押すと、
"準備ができていないプレイヤーがいますがよろしいですか?"(!?)という様な表示が出て、
"はい"か"いいえ"を選ぶ事になる。

ゲームが開始されると、
3つのラウンドのアンヴァースとボスを倒すまでの間、3人で協力して戦う事になる。
アンヴァースは同時に何体も出現するが、一組倒し終わると次の組が出て来る様になっていて、
決められたアンヴァースを全て倒すと自分のキャラクターが映り、
初期位置に戻されてから次のラウンドに移る。
ラウンドは、ラウンドが始まるごとに"ROUND -"(-の部分は1?3の数字)と表示される。
3つのラウンドのアンヴァースを全て倒すと、
"VS IRON PRISNER"(!?)と表示され、自分のキャラクターとボスが交互に映り、ボス戦になる。
このボスは多方向にレーザーを出す、炎を身に纏ってジャンプする、
プレイヤーの一人を小さな籠の様な檻に閉じ込める等の攻撃をして来るが、
檻は他の仲間が攻撃する事で壊す事ができる。
誰かがとどめを刺した時点で、KHでボスを倒した時の効果音とスローモーションの効果が掛かり、
"YOU WIN"と表示される。
全員がダウンしてしまった場合は"YOU LOSE"と表示される。
勝利した場合はリザルト画面に移り、"DAMAGE"、"STYLE"、"FRIENDSHIP"のそれぞれの項目の、
1位と2位のプレイヤー名が表示される。
また、その上にはゲームをプレイした場所、下には取得MUNNIESが表示され、
一番下にはMVPと×1.5が表示される。

鎧のタイプ、身長、キャラの掛け声、コマンドや攻撃等は最初に選んだキャラクターに準じる。
キャラクターは重複可能。
回復したい場合は、
コマンドの"フレンドケアル"を△ボタンで発動する事で、自分、周りにいる仲間共に回復できる。
プレイヤーがダウンした場合は、
他の仲間が近付いて○ボタンを連打する事で中央のゲージが回復して行き、
一定値(!?)に達すると復活できる。
HPとFOCUS、D-LINKゲージは、キャラの顔グラと共にKH2と同じ形で右下に表示。
コマンドは、左下に表示され、一番下が"たたかう"で、表示されている通り○ボタンで発動できる。
その上の三つのコマンドは、
KHシリーズでお馴染みのアイコンと共にキャラ独自のアビリティ、まほうが表示され、
ゲージがいっぱいになると表示されている通り△ボタンで発動できる。
また、十字キーの下ボタンを押す事で別のアビリティやまほうに切り替える事もできる。
更にその上のゲージは、敵に攻撃を当てる度に貯まって行き、
一定の量がたまると一番上の"COMMAND"部分が様々な属性の名称とロゴに変化し、
キャラの回りが光って、一番下のコマンドがその属性特有の技に変化する。
変化した後は、
"COMMAND"の下のゲージがなくなるまでその状態でいる事ができ、なくなると元の状態に戻る。
ロックオンはRボタンとLボタンの同時押し。
Rボタンでロックオンしている敵を切り替える事ができる。
また、RボタンとLボタンを同時に押し続ける事で"シュートロック"システムが発動し、
画面に円状で緑色の照準と秒数が表示され、
秒数が0になり表示が赤くなるか、全てロックオンすると"MAX"と表示され、
○ボタンを押すと、その間にロックオンした敵全てに攻撃できる。
ただし、発動には敵を倒した時等に拾える菱形の白いプライズ、フォーカスプライズが必要で、
右下にあるFOCUSゲージをある程度溜めないと発動できない。
敵のアンヴァースはネオシャドウに似た物からラージボディに似た物、
赤く頭に花が咲いた物、空を飛ぶカラスの様な物、バナナの皮を被ったゴリラの様な物まで様々。

"KINGDOM HEARTS Birth by Sleep" 映像

"KINGDOM HEARTS Birth by Sleep"は、
"日本ゲーム大賞2009"で"フューチャー部門"を受賞したそうです!おめでとうございます!!

今回はFF13とKH BbSを試遊した人限定で、試遊の後、特別に編集された映像を見る事ができました。

BGMは、前半がKH2FM+のシークレットムービーの曲のアレンジ版(!?)で、
ヴェンとDモード似衣装が会話する所から後半がKH2FM+のシークレットムービーの曲。

今回の映像は全て新規の物。
テラ、ヴェン、アクアのマスターの黒髪の初老の男の声は、
野村哲也氏が以前からいつか適役があればと思っていた、
なかなか仕事をお願いできない大物の声優さんだそう。
Dモード似衣装のゼアノートの弟子の声はサプライズらしいですが、
自分は巷で噂になっている石田 彰さんや保志総一郎さんには聞こえませんでした…。
むしろすばせかでヨシュアの声をあてていた木村良平さん系統の声に聞こえた様な…。
人間時代のザルディンの声は秋元羊介さん、人間時代のヴィクセンの声は野沢那智さんと、
ノーバディ時代と変わらず。

・黒い背景に銀色で"全ての運命に偶然などない"の文字。
・どこかのワールド。夜。
 奥にテラとヴェン、手前にアクアが立っている。
 アクア「世界のどこかに星形の実をつける木があって、その実は繋がりの契りになるんだって。
     そして、その実を貝殻で模したお守りを持っていると、
     たとえ離れ離れになったとしても必ず再会できるらしいの。
     みんなお揃いよ。つ・な・が・りだよ」
 そう微笑みながら色違いのお守りを両手にぶら下げて、テラとヴェンに見せるアクア。
 アクアがお守りを投げ渡すと、二人はそれを受け取る。
 そして、お守りを掌の上に乗せて見せる三人の手が映る。
・どこかのワールド。昼。
 黒髪の初老の男「これよりマスター承認試験を行う。
         キーブレードに選ばれし者として心の有り様が試されるものである。
         幸いな事に遠方よりマスター・ゼアノートが足を運んでくれた」
 椅子に座って話す黒髪の初老の男。
 その話を聞くテラとアクア。
 話の途中でマスター・ゼアノートが椅子に座っている姿が映る。
・どこかのワールド。
 王様「はぁー!ふーむ。うわあぁー!」
 本の上に乗って波に乗ろうとするが、渦に吸い込まれてしまう王様。
 衣装はKH2FM+のシークレットムービーで着ていた物。
・ネバーランド。インディアンの住むテント。昼。
 ロスト・ボーイズ「思いっきり蹴っ飛ばせ!」
 ティンカー・ベルがヴェンの鼻を蹴る。
 ヴェン「うわ!」
 青い水晶の塊の様な物が映る。
 ヴェン「これは…ミッキーの星の欠片?」
・ネバーランド。昼。
 フック船長「流れ星に思わぬおまけが付いて来たぞ」
 そう言ってティンクを捕まえているフック船長。
 傍らにはスミーもいる。
・キャッスル・オブ・ドリーム。夜。
 ドレスを破られ、泣いているシンデレラ。
 テラ「強い心を持つんだ。心の強さがあればどんなにつらい事も乗り越えられる」
・キャッスル・オブ・ドリーム。夜。
 フェアリー・ゴッドマザー「ビビディ・バビディ・ブー!」
 杖を振って魔法を掛けるとかぼちゃの馬車の前でシンデレラがドレス姿に変身する。
・キャッスル・オブ・ドリーム。城の中。
 アクアと継母の二人の娘とガラスの靴を持った王子の家臣がいる。
 アクア、はっとなり、「わ、私もその靴を履いてみてもよろしいでしょうか?」
・ドワーフ・ウッドランド。花畑。昼。
 ヴェン「お婆さん」
 老婆に化けた女王「ん?」
 ヴェン「これ落としたよ」
 そう言ってリンゴを拾い、渡すヴェン。
 老婆に化けた女王「おお」
・ドワーフ・ウッドランド。城の中。
 鏡の前に立つ白雪姫の女王。
 更に手前に佇むテラ。
 女王「私の頼みを聞いてくれれば、この鏡にゼアノートとやらの行方を聞いてやろう」
・ドワーフ・ウッドランド。森の中。昼。
 ヴェンの前に立つ七人の小人達。
 ヴェン「まさかテラが?」
 小人「その男が魔物を使って姫を襲わせたのでは?」
・ディープスペース。
 試作品626号(スティッチ)に攻撃が降り掛かろうとする。
 アクア「危ない!」
 そう言って試作品626号(スティッチ)の前に立ち、かばうアクア。
・ドワーフ・ウッドランド。森の中。昼。
 白雪姫を取り囲む様に七人の小人が泣いている。
 アクア「何かあったのですか?」
 小人「白雪姫が…」
・ディープスペース。宇宙。
 ヴェン「テラとアクアを知ってるのか?」
 試作品626号(スティッチ)、素材は違うが星形の実を模したお守りを差し出して、「%#&*@」
・ディープスペース。宇宙。
 宇宙空間に浮かぶ沢山の宇宙船の中の一つから試作品626号(スティッチ)が何か言う。
 試作品626号(スティッチ)「@*&#%」
 ヴェン「何かあったのか?うわぁ!あぁー!」
 スケボーの様な乗り物に乗ったまま宇宙空間に吸い込まれる鎧姿のヴェン。
・キャッスル・オブ・ドリーム。城の中。
 城の中で太鼓を叩く敵と戦うテラ。
・青いスゴロクの様な場面。
 フェアリー・ゴッドマザー「ビビディ・バビディ・ブー!」
 サイコロが振られ、シンデレラが出た数だけマス目を進む。
 その後、ヴェンがサイコロを振り、出た数だけマス目を進む。
・KH2FM+で"留まりし思念"と戦った場所。昼。
 ヴェン「あ、お前。テラがテラでなくなるってどういう意味だ」
 Dモード似衣装「言葉通りの意味だ。テラという存在が消えるんだ」
 キーブレードを出現させ、リクと同じ様に構えるDモード似衣装。
 ヴェン「キーブレード!」
 Dモード似衣装「お前の力を見せて貰う」
・どこかのワールド。以前公開された映像でテラとアクアが話していた階段。昼。
 テラ「マスター・ゼアノート。俺は何を学べばいいのですか?」
 マスター・ゼアノート「そのままでいい。心の闇を消すのではなく制するのだ」
・どこかのワールド。城の中(!?)
 アクア「テラが闇に堕ちるはずがない」
・どこかのワールド。青基調の背景からしてホロウバスティオン(!?)昼(!?)
 上を見上げて微笑むヴェン。
 青い門の左右に立つザルディン似の男とレクセウス似の男。
 二人とも、同じデザインの、
 紺地に白い縁取りの兵服に赤いハート形の紋章が首元に着いた服を着ている。
 髪型は、ザルディン似の男がドレッドヘアーの結んでいる所から後ろをなくした様な髪型で、
 レクセウス似の男がノーバディ時代とほぼ同じ髪型(!?)
 髪色は、二人ともノーバディ時代とほぼ同じ色(!?)
 ザルディン似の男とレクセウス似の男が武器でヴェンの行く手を塞ぐ。
 ザルディン似の男の手にはノーバディ時代と同じデザインの槍が一本握られていた。
 ザルディン似の男「何用だ。今は城に入る事はならん」
・トワイライトタウン(!?)空き地(!?)昼。
 ヴィクセン似の男「この先君とは縁がありそうな予感がする」
 KH2のゼアノートが着ていた物と同じデザインの白衣を着ている。
 ヴィクセン似の男の髪型、髪色は、ノーバディ時代とほぼ同じ。
・KH2FM+のシークレットムービーに出て来たキーブレードが沢山刺さっている場所。昼。
 マスター・ゼアノートとテラ、ヴェン、アクアが対峙している。
 マスター・ゼアノート「見よ。かつては主人の心と一つになった力を宿していた鍵の残骸を。
            この地で繰り広げられた光と闇の戦い。キーブレード戦争の跡だ」
・黒い背景に銀色で"Coming January 2010 for PlayStation Portable"の文字。

"FINAL FANTASY XIII" 試遊

     

"FINAL FANTASY XIII"は、
"日本ゲーム大賞2009"で"フューチャー部門"を受賞したそうです!おめでとうございます!!

今回の試遊ではライトニング編とスノウ編がプレイできました。

ライトニング編は、まず最初にライトニングとホープの会話ムービーが流れ、
"商業都市(地区!?) パルムポルム"というマップを二人で移動する事になります。
「母さんの仇はスノウだけじゃない、聖府軍にも取らせます」、
「戦おうって言ったのはライトニングさんじゃないですか!」と言うホープくん。
会話の流れからすると、
なるべく聖府軍に見つからない様に進むのがベストなんだと思われたのですが、
自分は見つかりまくって喧嘩売りまくってました(^ω^)
だってホープくん途中まで道案内してくれたのは良いけど、それ以降全然道わからんかったし('A`)
今回は召喚獣も使えるという事で早々にライトニングのオーディンも召喚してみましたょ!
いやぁ、これはカッコ良い!の一言に尽きますね♪♪(*´Д`*)
オーディンって今までのFFではごついイメージがあったけど、
こんな華麗なオーディンは今回が初めてなんではないでしょーか。
水道管の様な場所を進んで聖府軍の待ち構える坂道を抜けると、地下道の様な場所に出ます。
そこで頭にサイレンの様な物を着けたプリン三体と戦闘になったのですが、これが結構長かった;
サイレンがピーピーうるさいし(笑)先の戦いでオーディンを使っちゃったのが裏目に出ましたね(笑)
ここを抜けるとまたしてもライトニングとホープの会話ムービーが流れ、
「ここから先はまた探検しないとだな」とライトニングに言われるホープくん。

スノウ編は、マップ名不明の場所をスノウ、サッズ、ヴァニラで聖府軍と戦いながら進んで行く物で、
途中聖府軍の少し強めの敵と、最後に鳥の様な大きなボス敵との強制戦闘がありました。
スノウ編でも召喚獣が使えたので、
スノウの召喚獣シヴァを召喚して"ドライビングモード"を使ってみました。
RPGの戦闘って単調になりがちですが、
この"ドライビングモード"があれば飽きが来なさそうで良いですね☆
一通り技を使ってみた所で召喚終了。
この後、更には"オプティマチェンジ"も使ってみたりしました。
先へ進むと、クリスタルの様な物が沢山光り輝く場所で、ヴァニラたんがはしゃぎ、呆れるライトニング。
しかし、そこには同時に巨大な影も潜んでいて、ライトニング達を襲って来ます。
鳥の様に大きなボス敵は、一回目は少し戦った所ですぐに戦闘終了するのですが、
ムービー後、力を溜めてパワーアップしたものと再戦する事になります。
こちらは少々強力で、ちょっとやそっとでは敵のHPゲージも減りません。
しかし、ある程度HPを減らすと、戦闘が終了し、再びムービーとなります。
乗り物を見つけ、全員で乗り込んだのは良かったものの、聖府軍からの攻撃を受けるライトニング達。
こちらも攻撃して、「やっつけた!?」と聞くヴァニラたんですが、「たった一隻だけだ」と返すライトニング。
無理に政府軍の間を抜けようとするライトニングの操縦を、
「見てられない!貸せ!」と言うサッズですが…。
大混乱の中、なんとか岩の間をすり抜けた所で試遊は終了。

ライトニング編、スノウ編共に、
試遊が終了すると販促ポスターになっているライトニングのCGが単色で表示され、
発売日と価格が表示されました。
○ボタン押すとタイトルへ。

"FINAL FANTASY Versus XIII" 映像

今回はFF13とKH BbSを試遊した人限定で、試遊の後、特別に編集された映像を見る事ができました。

BGMは、"somnus"。

今回の映像は、FF13のNPCから持って来たというプレイヤーキャラが、
FF Versus 13の街や草原等のフィールドを歩き回る映像の下に、
野村哲也氏とスタッフの会話の字幕が入るという形で編集されていました。

まずは昼間の街の細い路地をプレイヤーが歩き、
行き交う人々の中に何故か一人だけ光り輝く人がいるという映像が流れました。
スタッフ「プレイヤーはFF13のNPCから持って来たんですよ」
野村氏「FF13から?」
スタッフ「はい、そうです(笑)」
野村氏「なんか光ってる人がいるよ(笑)」
という会話の内容に、映像を見ている人達も思わずみんな笑っていました(笑)

続いて、今度は同じ街の夜の路地をプレイヤーが歩く映像が流れたのですが、
昼間とは打って変わって人がいません。
野村氏「人、全然いないね」
スタッフ「そうですね」
野村氏「さっきの光ってる人がいたら便利なのに(笑)」
という会話に、またしても場内には笑いが起こっていました(笑)
どうやら光っている人は、テクスチャーが剥がれていただけだった様です。

更に今度は、草原の様な場所に様々なモンスター(!?)がいて、
野村氏「なんか来るよ!こわーいんだけど!!」
の字幕と共に巨大な鳥の様なモンスターがこちらに迫って来る映像が流れました。
野村氏のこのセリフには自分も大爆笑でした(笑)

Back | Top | Next



    <SQUARE ENIX MEMBERS>

    ■ニックネーム
    Yuuna-Kisaragi

    <KINGDOM HEARTS MOBILE>

    ■プライベートID
    4WyYW7

    お友達激しく募集ちぅ~♪申請してね!




    サイトやブログを気に入って頂けましたら、 
    上のWeb Clapボタンを押して、
    Web拍手を送ってやって下さい♪
    一度押すと、
    メッセージを送って頂く事もできます。
    メッセージには、
    こちらのブログでお返事をしていますので、
    是非是非こちらも送ってやって下さい☆
    お待ちしております♪



    メロダチ募集ちぅ~♪